FC2ブログ

☆遅咲き!週一サーファーのblog☆

~ ショートボードを30歳から始めた、週一サーファーのブログです ~

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

サーフィン奮闘記vol.6

サーフボードを新しく買った際に、これから真剣にサーフィンをやろうと車まで替えました。ここまでお金かけちゃったら止められないという状況を作りたかったのもあります。ある意味自分を追込んで、絶対途中で投出さないと、かなり気合を入れてました。

しかしその気合は空回りするばかりで、何回海に行っても、辛いとか、苦しいとか、恥ずかしいと思うことばかりでした。あるオンショアの強い日の事、もも~腰程度の波で、波数が多く全然沖に行けず、パドリングとドルフィンスルーもどきを必死で繰り返してました。一人でです。

大分進んだかなと思って辺りを見ると、僕のすぐ横で普通に子供が遊んでました。立ち上がってみるとひざ位の深さです。愕然としました。こんな小さな波に、こんなにヘトヘトで、腕もパンパンになっているのに、全然進んでいないなんて。

悔しさと恥ずかしさのあまり、完全に何かのスイッチが入り、『こうなったら、意地でも沖に行ってやる!』とさらに気合を入れて、パドリングとドルフィンスルーもどきを必死で繰り返しました。

しかし、結果は同じで、一向に前に進んでる感じがしなく、挙句のはてに、大き目のショアブレイクに巻かれて、顔面から砂浜に打ち上げられました。

砂だらけの僕の姿を見て、さっきの子供達が笑ってました。僕も笑い返しましたが、屈辱でした。。。本当に悔しく、情けなかったです。一人だったので、余計に恥ずかしかったですね。

この手のエピソードは沢山ありすぎて、書出すときりがないです。


つづく

スポンサーサイト

テーマ:サーフィン・ボディボード - ジャンル:スポーツ

  1. 2010/01/25(月) 21:41:31|
  2. サーフィン奮闘記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6
<<サーフィン奮闘記vol.7 | ホーム | 激寒です!>>

コメント

めちゃくちゃわかります。

すぐ横で子供が遊んでいましたってほんとそうですよねー。足をつけたらすごく浅かったり。
いまでも、波がすこしおおきくなると一苦労ですけど。
  1. 2010/01/26(火) 04:57:03 |
  2. URL |
  3. stepthe6 #-
  4. [ 編集 ]

ありがとうございます

共感して頂いて本当に嬉しいです。ブログ始めて良かったと思いました。他にもいっぱい似たようなヘタレ話がありますので、飽きられない程度に書いていきたいと思います。
  1. 2010/01/26(火) 12:45:24 |
  2. URL |
  3. kkaob #-
  4. [ 編集 ]

コメントありがとうございます

kkaob 様
う~ん、よくわかります!!腰ぐらいの浅いところで溺れたことあります…

Happy surfing !!

  1. 2010/01/26(火) 15:35:08 |
  2. URL |
  3. nakazato1188 #-
  4. [ 編集 ]

kkaobさん こんにちは、はじめまして!

ありますよね~
一生懸命パドルしてて、スープが来たからさぁドルフィン、フィンがガリッi-198
あれっ!なんだ足つくじゃん、恥ずかし~・・・

それ以来、足がつく間は大抵歩いて沖に出ます、疲れも違いますよ



  1. 2010/01/26(火) 16:52:12 |
  2. URL |
  3. ごま #-
  4. [ 編集 ]

Re: コメントありがとうございます

おもしろいコメントありがとうございます。携帯メールに転送されてきた時、ふき出しちゃいました。
  1. 2010/01/26(火) 19:13:28 |
  2. URL |
  3. kkaob #-
  4. [ 編集 ]

コメントありがとうございました。

コメントありがとうございました。フィンガリってめちゃくちゃ分かります!めげずに頑張ります!
  1. 2010/01/26(火) 19:58:45 |
  2. URL |
  3. kkaob #-
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://kkaob.blog11.fc2.com/tb.php/16-464ff475
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。