☆遅咲き!週一サーファーのblog☆

~ ショートボードを30歳から始めた、週一サーファーのブログです ~

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

サーフィン奮闘記vol.23

その日一緒行った後輩のうちの一人が使っていたボードが6'1の普通のオールラウンド用のショートボードだったので、調子に乗ってる僕は、『普通のショートでも乗れるんじゃないかな?』と思い、ちょっと借りて乗らせてもらいましたが…。

そんなに甘くないですね。ボードが替わるとやっぱり全然乗れず、ほぼ真っ直ぐしか行けませんでした。でも一つ分かった事が、ドルフィンスルーについてでした。その普通のショートボードでドルフィンスルーをやってみたところ、今までに無い位、ボードを沈められたんです。完璧に出来てるとは思いませんでしたが、今までに比べると、それ程戻されずに波の下をくぐり抜けられた感触があったんです。その時思いました。

『ああ、今までドルフィンスルーが全然上手く出来なかったのは、ボードの浮力のせいもあったんだな。』と。さっきまで乗ってたファンボードはドルフィンスルーなんてとても出来るサイズでは無いので論外ですが、その前に乗ってた初心者用のショートボードも、一応ショートボードの分類になるとはいえ、僕の体重からすると、かなりのオーバーサイズだったので、そもそも体重と浮力が合ってないと、ドルフィンスルーはかなり苦戦するものなんだと、初めて思いました。

今考えると当たり前のことなんですが、実際にやってみて感じて、初めて分かったんですよね。何かまた一歩前進出来たような気がした1日でした。


つづく

スポンサーサイト

テーマ:サーフィン・ボディボード - ジャンル:スポーツ

  1. 2010/02/28(日) 23:02:44|
  2. サーフィン奮闘記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。